篠田桃紅プロフィール・略歴

1913年、中国大連に生まれる。5歳の時、父の手ほどきで初めて墨と筆に触れ、以後独学で書を極める。第二次世界大戦後、文字を解体し、墨で抽象を描き始める。1956年渡米し、ニューヨークを拠点にボストン、シカゴ、パリ、シンシナティ他で個展を開催。58年に帰国して後は、壁画や壁書、レリーフといった建築に関わる仕事や、東京芝増上寺大本堂の襖絵などの大作の一方で、リトグラフや装丁、題字、随筆を手掛けるなど、活動は多岐にわたった。1960年代の激しい筆致はやがて叙情性をたたえ、80年代から90年代にかけては、線はより洗練された間を構成していった。
近年、面と線は寄り添い、朱はあくまで高貴に、墨は静かに鋭く、あるいは控えめに層をなしている。
2005年、ニューズウィーク(日本版)の「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれた。また同年、5メートルを超える絵画を制作するなど、筆勢は留まることがない。

略歴

1913年 3月28日、大連に生まれる
1954年 「日本現代書道展」(ニューヨーク近代美術館)
1956年 個展(養清堂画廊、東京)
渡米、ニューヨークに滞在
個展(スエゾフ・ギャラリー、ボストン)
1957年 個展(バーサ・シェイファー・ギャラリー、ニューヨーク)
個展(タフト美術館、シンシナティ)
個展(アート・インスティテュート・オブ・シカゴ東洋館、シカゴ)
個展(ギャラリー・ラ・ユーヌ、パリ)
1958年 個展(ジェファーソン・プレイス・ギャラリー、ワシントン)
帰国
1961年 第6回サンパウロ・ビエンナーレ招待出品
「ピッツバーグ国際現代絵画彫刻展」 (カーネギー・インスティテュート、アメリカ)で特選を受賞
1965年 個展(ベティ・パーソンズ・ギャラリー、ニューヨーク) 以後、68、71、77年に開催
国立京都国際会館2階のためにレリーフ《展開》と壁画《出遇》を制作
1970年 東京都港区南青山に転居し、現在に至る
1973年 「戦後美術の展開-抽象表現の多様化」展 (東京国立近代美術館)
1974年 増上寺(東京)大本堂、ロビーのために壁画を、道場のために襖絵を、エレベータ内部のためにステンレスエッチングを制作(東京)
1977年 ワシントン駐米日本大使館公邸のために壁画を制作
1979年 「岡田・篠田・津高-20世紀日本抽象絵画三人のパイオニア-」展
(フィリップス・コレクション、ワシントン 以後米巡回)
随筆集『墨いろ』(PHP研究所)出版で第27回日本エッセイスト・クラブ賞受賞
1983年 「篠田桃紅書 守屋多々志画 小倉百人一首展」(三越本店、東京 以後国内を巡回)
1989年 個展(有楽町アート・フォーラム、東京)
1992年 「書と絵画の熱き時代・1945-1969」((財)品川文化振興事業団O美術館、東京)
回顧展「篠田桃紅 時のかたち」(岐阜県美術館)
1993年 御所・御食堂のために絵画を制作
1994年 「戦後日本の前衛美術展」(横浜美術館、グッゲンハイム美術館、サンフランシスコ美術館を巡回)
1995年 「戦後文化の軌跡1945-1995」展(目黒区美術館 他を巡回)
1996年 個展「TOKO SHINODA VISUAL POETRY」(シンガポール国立近代美術館)
1997年 個展(画廊光芳堂、岐阜)以後、99、02、04(2回)、06年開催
1998年 個展(アネリー・ジュダ・ギャラリー、ロンドン)
NHK BSスペシャル 「墨色に心を託して-抽象画家 篠田桃紅」放映
1999年 NHK「土曜美の朝─墨で描くこころのかたち─」放映
東京文化会館のために名称ロゴを作成
2000年 『桃紅 私というひとり』(世界文化社)を刊行
2002年 『桃紅えほん』(世界文化社)を刊行
2003年 個展「篠田桃紅 朱よ」展(原美術館、東京) 皇后陛下行啓
関市立篠田桃紅美術空間開館 
*開館式には高円宮久子妃殿下臨席。以後、年数回篠田桃紅作品展開催
2010年 「篠田桃紅 あゆみ」展(関市立篠田桃紅美術空間)天皇皇后両陛下行幸啓
2012年 個展 「篠田桃紅の世界展─文字とかたち─」(日本橋三越、東京他)
個展「篠田桃紅 作品展」(銀座三越、東京)皇后陛下行啓
2013年 回顧展「篠田桃紅 百の譜」
(岐阜現代美術館・関市立篠田桃紅美術空間・岐阜県美術館・画廊光芳堂、岐阜)
個展「百の記念 篠田桃紅の墨象」展(菊池寛実記念智美術館、東京)