2024.05.19 Sun
関市
Thomas Weuthen

Thomas Weuthen展

インフォメーション

展示作品数
24点
開催期間
2009年6月29日(月)~7月17日(金)
休館日
日曜日、7月4日

概要

 今年1月に上海にて初個展を開催したThomas Weuthenの写真作品展。
Thomas Weuthenは、本業である世界的メーカのジェネラルマネージャーの仕事の傍ら、25年前から独学で写真を始めました。中国やインド、その他の国々をめぐり、アジア太平洋地域にある文化的多様性に魅せられたことがきっかけとなり、以来、アジアの人々や風景などを写真に撮り続けています。また、2,3年前から撮り始めた中国上海の作品には、古い町並みの上海、近代的都市上海、壊され失われていく上海の姿の中に、急速に変貌しつつある現在の上海が持つ魅力的な表情を加え、絵画とは異なる写真固有の表現でとらえています。
日本初個展となる本展では、上海をとった作品28点を展示し、ドイツ人であるThomas Weuthenの視点をとおして捉えた、激変する現代の上海の姿を見ることができます。
また、画廊光芳堂(岐阜市梶川町)にて個展を同時開催します。