2024.05.19 Sun
関市
篠田桃紅

芸術月間2014 Solitary 「桃紅のことば」

インフォメーション

展示作品数
25点
開催期間
平成26年1月10日(金)~3月26日(水)
休館日
第2、4土曜日、日曜日、祝祭日、1月17-20日、2月7-10日
イベント
コンサート
●「喜多直毅クヮルテット / タンゴの夕べ」
1月18日(土)17:00~
喜多直毅(ヴァイオリン)、北村聡(バンドネオン)、
三枝伸太郎(ピアノ)、田辺和弘(コントラバス)
申込期間:12月16日~1月6日

●「THE CLARINOTTS / エルンスト・オッテンザマーと息子たち」
2月8日(土)17:00~
エルンスト・オッテンザマー(クラリネット)、
ダニエル・オッテンザマー(クラリネット)、
アンドレアス・オッテンザマー(クラリネット)
申込期間:1月3日~1月24日

※全コンサート
会場:岐阜現代美術館/NBKホール 参加費:無科
事前申込が必要です。中学生未満のお子さまは入場できません。

岐阜現代美術館にeメール(info@gi-co-ma.or.jp)もしくはfax(0575-23-7198)で、以下を記入してお申込ください。
①名前 ②郵便番号・住所 ③電話番号 ④参加希望催事名 ⑤同伴者名および人数
応募多数のときは抽選します。抽選結果は後日葉書にてご連絡します。

同時開催
●関市立篠田桃紅美術空間
篠田桃紅芸術月間2014 Solitary 「桃紅のかたち」
2014年1月8日(水)- 3月23日(日)
詳しくは→http://www.city.seki.lg.jp/category/2-8-4-0-0.html

概要

 1979年、初随筆集『墨いろ』で第27回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。その後刊行された数々の随筆集に綴られたことばは、日々、桃紅の心に兆したものの断片を記した思いのかたちです。思いがけなくあらわれた墨いろに、一瞬の心の動きがとどまりかたちとなるように、桃紅のことばには、「自分の考え」と自覚したものではない、ふとした時々の思いが留められています。またそれは、桃紅の百年の人生を通して得た独自の美意識に裏付けられているのです。
 このたびの展覧会では、「美」をキーワードに、随筆集から抜粋したことばと作品から桃紅の美意識を知ろうとするものです。

篠田桃紅桃紅芸術月間2014 Solitary

 篠田桃紅は2013年、100歳を迎えました。今回8回目となる関市立篠田桃紅美術空間、岐阜現代美術館の2館協同企画「篠田桃紅芸術月間2014 Solitary」では、エッセイに綴られたことばと水墨のかたちから洗練された桃紅の美意識を紹介します。
 桃紅といえば、墨による抽象画家として広く知られ、初個展から70年余りにおよぶ創作のなかで発表された作品の多くは、国内外の美術館やコレクターが所蔵し、公共施設や企業、ホテルなどの建築空間に設置されるなど、日本の墨象作家の中で最もよく知られた一人といえるでしょう。
 しかし、墨を使った抽象画を制作する傍ら、1960年ころよりリトグラフの制作を始め、1979年にはエッセイ集『墨いろ』で第27回エッセイスト・クラブ賞を受賞するなど、幅広い領域で表現活動を続けており、作品はもとより、研ぎ澄まされた美感によって紡がれたエッセイ中のことばや、普段から着物をさらりと纏い、「私の主人は私自身」と何者にも惑わされない生き方を貫く桃紅の潔い姿は、老若を問わず多くの人々の心を捉えて放しません。
 今回は、既刊のエッセイ集から桃紅の哲学を感じることばと、100年の人生を通して生まれた水墨のかたちを紹介し、桃紅の美意識をあらためて知る展覧会です。