2024.05.19 Sun
関市
河野克典

歌の本 河野克典 シューマン歌曲の夕べ

プログラム

シューマン(1810-1856) Robert Schumann

  • 僕の馬車はゆっくりと行く 作品142-4
    Mein Wagen rollet langsam op.142 Nr.4
  • 哀れなペーター 作品53-3 Der arme Peter op.53 Nr.3
  • 二人の擲弾兵 作品49-1 Die beiden Grenadiere op.49 Nr.1
  • きみの顔(かんばせ) 作品127-2 Dein Angesicht op.127 Nr.2
  • 僕の愛は輝き渡る 作品127-3 Es leuchtet meine Liebe op.127 Nr.3

  • 歌曲集「リーダークライス」 作品24(全9曲) Liederkreis op.24
    • 1. 朝 僕は目覚めると考える Morgens steh’ ich auf und frage
    • 2. 僕のこころを駆り立てる Es treibt mich hin
    • 3. 僕は木樹の下をさまよいあるく Ich wandelte unter den Bäumen
    • 4. 可愛い娘よ 僕の胸の上に手をあててごらん
      Lieb’ Liebchen, leg’s Händchen
    • 5. 僕の苦悩の美しいゆりかごよ Schöne Wiege meiner Leiden
    • 6. 待ってくれ 威勢のいい船乗りさん Warte, warte, wilder Schiffmann
    • 7. 山々や城が見おろしている Berg’ und Burgen schau’n herunter
    • 8. 初め僕は絶望するところだった Anfangs wollt’ ich fast verzagen
    • 9. ミルテと薔薇で Mit Myrten und Rosen

  • 歌曲集「詩人の恋」 作品48(全16曲) Dichterliebe op.48
    • 1. 美しい五月に Im wunderschönen Monat Mai
    • 2. 僕の涙から Aus meinen Tränen sprießen
    • 3. バラを ユリを 鳩を 太陽を Die Rose, die Lilie, die Taube, die Sonne
    • 4. きみの瞳をみると Wenn ich in deine Augen seh’
    • 5. 僕のこころを沈めよう Ich will meine Seele tauchen
    • 6. ラインの聖なる流れ Im Rhein, im heiligen Strome
    • 7. 僕は恨まない Ich grolle nicht
    • 8. そして小さな花がわかってくれるなら
      Und wüßten’s die Blumen, die kleinen
    • 9. あれはフルートとヴァイオリン Das ist ein Flöten und Geigen
    • 10. あの歌がきこえてくると Hör’ ich das Liedchen klingen
    • 11. 若者がある娘を愛した Ein Jüngling liebt ein Mädchen
    • 12. 輝ける夏の朝に Am leuchtenden Sommermorgen
    • 13. 僕は夢の中で泣いていた Ich hab’ im Traum geweinet
    • 14. 僕は夜ごと君の夢を見る Allnächtlich im Traume
    • 15. 昔のおとぎ話の中から Aus alten Märchen
    • 16. 昔のいまわしい歌 Die alten, bösen Lieder

プロフィール

河野克典
バリトン

山口県出身。東京藝術大学卒業、同大学院修了後、ドイツ政府給費留学生としてミュンヘン音楽大学で学ぶ。ジュネーヴ国際コンクール第2位(1位なし)、ヘルトゲンボシュ国際声楽コンクール第1位、ザルツブルク市賞などを受賞。フィッシャー=ディースカウより「彼は、素晴らしい解釈と驚くべき集中力でリートを演奏する」と絶賛される。ヨーロッパでリサイタルのほか、オペラ、オーケストラ、宗教曲の公演に数多く出演。日本ではN響、新日本フィル、読響、都響、サイトウ・キネン・オーケストラ等の公演にソリストとして出演し、小澤征爾、大野和士、K.ナガノ、K.マズア、H.スダーン、E.インバル等と共演。オペラでは新国立劇場で「魔笛」「道化師」「ラ・ボエーム」等に出演。自ら企画する『リサイタル・シリーズ』ではその実力と構成力を高く評価され、「ヴォルフの世界」(ピアノ:野平一郎)では文化庁芸術祭優秀賞を受賞。2008年、日本で初めてのオーケストラ歌曲のリサイタル「マーラーの世界」を沼尻竜典指揮N響(サントリーホール)と大成功させ、ライヴ録音をリリース(エクストン)。2009年から「歌の旅」シリーズをスタートし、リートの神髄を極めるリサイタルとして注目されている。CDは、「白鳥の歌」「水車屋の娘」「詩人の恋」「冬の旅」等。現在、横浜国立大学、東京藝術大学等で後進の指導にあたっている。山口県「山口ふるさと大使」。
http://www.k-kono.com/

関本昌平
ピアノ

1985年生まれ。桐朋女子高等学校音楽科(共学)卒業後、エコール・ノルマル音楽院卒業。2006~2008年、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースに在席。稲垣千賀子、M.ヴォスクレセンスキー、二宮裕子の各氏に師事。2009年渡米。
2003年、第5回浜松国際ピアノコンクール第4位。2005年、第15回ショパン国際ピアノコンクール第4位、第5回モロッコ国際音楽コンクール優勝。第8回松方ホール音楽賞大賞、第15回青山音楽賞新人賞、第32回日本ショパン協会賞を受賞。
NYカーネギーホールをはじめ、イタリア、ドイツでソロ・リサイタルを、ロンドンではイギリス室内管と共演。国内では、ワルシャワ国立フィルやモンテカルロ・フィルとのツアー、関西フィル、日本フィル、読響、N響、大阪フィル等と共演。
CDは「ショパン作品集」「ショパン国際コンクールライヴ」のほか、2012年本格的なソロ・アルバム「グレイパール~ブラームス後期作品集」をリリース。岐阜県在住。金城学院大学非常勤講師、菊里高等学校音楽科非常勤講師。