2024.05.19 Sun
関市
ロイスダール弦楽四重奏団

Ruysdael Kwartet

プログラム

ラヴェル(1875-1937) Maurice Ravel

  • 弦楽四重奏曲 へ長調 Quatuor à cordes en Fa majeur
    • 第1楽章 アレグロ・モデラート Allegro moderato, très doux
    • 第2楽章 アッセ・ヴィフ、トレ・リトメ
    • (十分に生き生きと、非常にリズミカルに) Assez vif, très rythmé
    • 第3楽章 トレ・ラン(非常にゆるやかに) Très lent
    • 第4楽章 ヴィフ・エ・アジテ(生き生きと、激しく) Vif et agité

ルイ・アンドリーセン(1939- ) Louis Andriessen

  • 死と向かい合って Facing Death(1990)

チャイコフスキー(1840-1893)
Pyotr Ilyich Tchaikovsky

  • 弦楽四重奏曲第1番 ニ長調 作品11 Streichquartett Nr.1 D-dur op.11
    • 第1楽章 モデラート・エ・センプリーチェ Moderato e semplice
    • 第2楽章 アンダンテ・カンタービレ Andante cantabile
    • 第3楽章 スケルツォ:アレグロ・ノン・タント
      Scherzo : Allegro non tanto
    • 第4楽章 フィナーレ:アレグロ・ジュスト Finale : Allegro giusto

プロフィール

ロイスダール弦楽四重奏団

エミ・オオイ・レズニック(ヴァイオリン)
ヨーリス・ファン・レイン(ヴァイオリン)
ハイス・クラーメルス(ヴィオラ)
イェルン・デン・ヘルダー(チェロ)
ロイスダール弦楽四重奏団は1996年に結成された。名称は、印象的な風景と空の描写で有名なオランダの画家、ヤーコプ・ファン・ロイスダール(1628/29-82)にちなんでいる。
アマデウス弦楽四重奏団、ハーゲン弦楽四重奏団、モザイク弦楽四重奏団、
アルバン・ベルク弦楽四重奏団に師事。2000年にはオランダのチャールズ・ヘネン国際室内楽コンクールで優勝、2001年にはボルドー国際弦楽四重奏コンクールでSACEM賞を受賞するなど、数々の受賞歴がある。力強い演奏とニュアンスに富んだ音の色彩を特徴とし、現在、欧米各国で演奏活動を展開、各地の音楽祭やマスタークラスにも招聘されている。
幅広いレパートリをもち、現代音楽にも積極的に取り組んでいる。2005年、オランダの作曲家ヤコプ・テル・フェルドハウスとともに、彼の3つ目の弦楽四重奏曲をメインとした斬新なプログラムでツアーを行った。2006年にはルイ・トゥボシの弦楽四重奏曲を初演。2009年にはエリック・フェルブフトがロイスダール弦楽四重奏団のために特別に書き下ろした《Aufgerichtet, untereinander》を初演。2011年にはロッブ・サウダムのプログラムで各地でコンサートを行った。
チャイコフスキーの弦楽四重奏曲全3曲などのCD録音がある。
http://ruysdaelkwartet.nl/