荒川修作展

荒川修作

2019年4月12日~5月30日

インフォメーション

展示作品数

30点

開催期間

2019年4月12日~5月30日

休館日

第2.4土曜日、日曜日、祝日、4月27日~5月7日、5月17日~20日

イベント


概要

荒川修作(1936-2010)は、ニューヨークを拠点に日本と世界で活躍した美術家です。50年代後半から60年代は、潜在的にあるさまざまな感覚をもう一度呼び覚まし、人間本来の感覚を再認識し、さらに新しい考えや価値観を生み出す方法を探りました。その研究は『意味のメカニズム』(マドリン・ギンズ共著、初版1971年)や絵画を通じて発表しました。70年代、80年代には、平面から身体を使って体感する作品を発表。その後、建築作品《養老天命反転地》(1995年、岐阜)の制作に至ります。
本展では、公益財団法人岐阜現代美術財団が所蔵する荒川コレクションから、主要作品を約30点展示します。

《THE DIAGRAM OF BOTTOMLESS No.2》
© 2015 Estate of Madeline Gins. Reproduced with permission of the Estate of Madeline Gins.
《”NO!”SAYS THE SIGNIFIED UNTITLED 4.》
© 2019 Estate of Madeline Gins. Reproduced with permission of the Estate of Madeline Gins.